2013.10.23

CLで完敗。チェルシーの試合運びに脱帽する内田篤人

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • 木場健蔵●写真 photo by Koba Kenzo

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)、グループリーグ第3節。シャルケがチェルシーに0-3と完敗を喫した。スコアだけでなく、試合運もチェルシーが1枚上手だった。内田篤人は「セットプレイで点を取って、引いて守って、カウンターで追加点、という誰もがわかることを向こうは実際にやってきた」と、舌を巻いた。

チェルシー戦に先発フル出場、再三にわたり攻撃に参加した内田篤人(シャルケ) シャルケが攻め込んだ時間帯もあったが、チェルシーは最終ラインの能力が高くゴールを割らせない。ボールポゼッションでもシャルケが55パーセントと上回ったが、歯が立たなかった。シャルケはフンテラール、ファルファン、ヘーガーと、主力攻撃陣を負傷で欠いていたが、そんなチームの苦しい現状が露呈した。

 チェルシーの先制点は開始からわずかに5分後のことだった。左CKはゴール前のディフェンダー2人の間で一旦バウンドし、ファーサイドのフェルナンド・トーレスが頭で難なく押し込んだ。

「最初の失点がセットプレイだったことは不運だった」と、ケラー監督は振り返った。だが、トーレスをフリーにしただけでなく、ゴール前でボールが通過するのを見送るしかなかったシャルケディフェンスの甘さから生まれた失点だ。「でも、ゴール前にオレが入っている訳じゃないから......文句は言えない」と、内田は語る。