宇佐美貴史「落ち込むとか絶対やっちゃいけない」 ガンバ大阪、いまだ未勝利の現状をどう見るか 広島とはチーム完成度に差

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Kyodo news

 たとえば、東口、谷晃生と、二人も日本代表クラスのGKがいるのは違和感がある。前節のヴィッセル神戸戦で4失点したことから、谷から東口への交代になったのだろうが、そうした短期的視点での起用は、GKがナーバスになるだけだろう。この日は、東口がネタにつけたボールを奪われ、PK献上につながってしまったわけだが、次はどうするのか。

 また、4-3-3を用いるのは悪くないが、このシステムは1対1で違いを見せられるウイングがいないと機能しない。1トップの適性、宇佐美のインサイドハーフ起用、ネタのアンカー起用なども、はたしてベストポジションだろうか。どこか窮屈そうに映る。

「人々は楽しんでくれたと思っている」

 ポヤトス監督はそう言って胸を張った。試合展開はエキサイティングだったと言える。勝っていても不思議はない。しかし、チームの未来図は見えたか?

「4試合が終わっただけで落ち込むとか、絶対やっちゃいけなくて、ここから勝ち点を取れると信じて進むしかない」

 宇佐美の言葉だ。

プロフィール

  • 小宮良之

    小宮良之 (こみやよしゆき)

    スポーツライター。1972年生まれ、横浜出身。大学卒業後にバルセロナに渡り、スポーツライターに。語学力を駆使して五輪、W杯を現地取材後、06年に帰国。著書は20冊以上で『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など。『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューし、2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を刊行。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る