2022.07.18

水沼宏太「見返してやるという気持ちだけでやってきた」。32歳で初招集、日本代表のラストピースとなるか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by KYODO

サガン鳥栖戦で同点ゴールを決め、観客の声援に応える水沼宏太(横浜F・マリノス)サガン鳥栖戦で同点ゴールを決め、観客の声援に応える水沼宏太(横浜F・マリノス) この記事に関連する写真を見る  7月16日、佐賀。サガン鳥栖対横浜F・マリノス戦の後半28分に投入されたMF水沼宏太(32歳)は、すぐに流れを変えた。

 右サイドで幅を取り、深みを作り、プレーに動きを生み出し、鳥栖の守りをぐらつかせる。チーム全体で押し込んだ後の後半40分だった。波状攻撃からゴール前ニアに入ると、クロスを呼び込み、頭でボールの角度だけ変えてネットを揺らした。値千金の同点弾になった。

 水沼は横浜FMで唯一、プレーにリズムの変化を作り出せるアタッカーと言える。スピード、パワーで一辺倒になりがちのチームで緩急をつけ、違いを作れる。5得点6アシストという数字も光るが、それ以上に、チームプレーヤーとして全体を動かすインテリジェンスが傑出している。

 今シーズン、水沼は首位・横浜MFを牽引している。右足クロスの精度はJリーグナンバー1で、伝家の宝刀と言える。6月には月間MVPに選出されているが、年間ベストイレブン、年間MVPの候補のひとりだろう。

 その実りとして、水沼は32歳にして初めて日本代表に招集された。水沼という"遅咲き"
の代表選手の実像とは?

 水沼は、元日本代表の水沼貴史氏を父に持つ。血筋的にはサラブレッドで、それは本人にも誇らしい事実だったが、周りからは嫉妬や批判も受けやすかった。少年時代、知り合いに言われてネットを見たら、ありとあらゆる誹謗中傷が並んでいたという。

「『水沼の息子』と言われることで、メンタルは強くなったかもしれないです」

 拙著『グロリアス・デイズ』(集英社)で、水沼は明るくそう語っていたが、その不屈さが柱としてあるのだろう。

「"条件の厳しい戦いに勝って世間を見返してやる"という思考展開が、自分は得意なんですよ。そもそも、自分は子供のころから、他の人と比べて図抜けた力があると思ったことはなくて、本当に"見返してやる"という気持ちだけでずっとやってきたんです。それで悔しさを晴らした時は、本当にうれしいし、人生、その繰り返しですね」