湘南ベルマーレが川崎フロンターレに記憶に残る圧勝。後方の組み立てから完璧に崩したゴールが衝撃

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

Answer
タリクはスルーしてFWからのリターンを受けて起点に。左サイドからチャンスメーク

 湘南が、ビルドアップから川崎を見事に攻略したシーンだった。

 最初のポイントは、左ウイングバックの石原が川崎の山根を低い位置まで下りて引きつけていたこと。

タリクはスルーして大橋からリターンを受け、左サイドからの崩しを見せたタリクはスルーして大橋からリターンを受け、左サイドからの崩しを見せたこの記事に関連する写真を見る その状況を作り、杉岡がボールを持った瞬間に川崎のアンカー橘田健人の右脇のスペースにタリクが流れ、そこに杉岡がロングフィードを送った。

 ここでタリクはスルーして後方の大橋にボールを渡し、石原が引きつけて空けた左サイドのスペースへ走る。そして大橋からボールをもらい、起点を作った。

 タリクに対して、川崎は右センターバック(CB)の山村和也が釣り出され、町野がハーフスペースに走り込んできたため、左CBの車屋紳太郎もニアへスライドせざるを得なかった。

 そこへ石原がタリクを追い越すオーバーラップ。サイドを抜け出すと、中央は湘南の池田と大橋の2人に対して、川崎は左SBの佐々木旭しかいなかった。佐々木がどちらにも対応できずにいると、石原からのピンポイントクロスを池田が合わせてゴールとなった。

 アンカー脇という川崎の急所を突いた流れからサイドで起点を作り、CBを釣り出して中央で数的優位を作るという、湘南の狙いどおりの鮮やかな崩しだった。

 この得点から川崎の守備は崩壊し、敗戦によって首位からも陥落。一方で攻守に王者を圧倒した湘南は、今季初の公式戦3連勝を記録。勢いに乗る湘南はタイトな連戦でどこまで勝ち点を積み上げることができるだろうか。

◆【動画】Jリーグ第15節 川崎フロンターレvs湘南ベルマーレ ハイライト
(池田のゴールシーンは3分17秒~4分1秒)

2 / 2

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る