2022.04.16

ガンバ大阪で「カタノサッカー」は浸透しているのか。ピッチに立つ選手たちの本音

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by J.LEAGUE/J.LEAGUE via Getty Images

 どれほど"カタノサッカー"は浸透しているのか――。

 それは今季のガンバ大阪を見るうえで、どうしても気になるテーマだろう。

 一昨季の2位から一転、昨季は13位まで転落したG大阪。今季は「強いガンバをとり戻す」を合言葉にチームの強化が進められているが、その舵取りを任されたのが、新たに就任した片野坂知宏監督である。

 昨季まで6シーズンにわたって大分トリニータを率いた片野坂監督は、就任当初J3に落ちていたチームを3シーズンでJ1まで引き上げ、昇格1年目の2019年には9位に躍進。GKからパスをつなぎ、ボールを保持し続けることで主体的にゲームを進めるスタイルは"カタノサッカー"と称され、注目を集めた。

 昨季J1では18位に終わり、大分でのラストシーズンはJ2降格という悔しい結果となったが、シーズンごとに戦術をマイナーチェンジさせ、潤沢とは言えない戦力で質の高いサッカーを披露し続けた手腕は、非常に高い評価を受けていた。

 それだけに、今季から片野坂監督がG大阪を率いると聞き、こんな想像(あるいは、期待)をした人は多かったに違いない。

 G大阪でも、大分と同様のスタイルが確立されていくのだろう、と。

 しかしながら、今季ここまでの印象で言えば、まだ就任1年目、それもシーズン序盤だから、という理由はあるにしても、G大阪のサッカーに(あくまでも大分時代から想像する)片野坂色は強く表れてはいない。2勝2敗4分けの勝ち点10で11位という成績も、ネガティブな印象を強調してしまうのかもしれない。

 直近のJ1第8節清水エスパルス戦(1-1)でも、G大阪は相手のプレッシングに苦しみ、思うように攻撃を組み立てることができなかった。片野坂監督が語る。

「清水の守備に対して、(パスをつなげる)立ち位置をとらせて、狙いを持ってやろうとしたが、清水のスライド、プレッシャーがよくて、なかなか前進できなかった」

 実際、G大阪の決定機の多くは、最前線のFWパトリックにロングボールを送り、ヘディングで競り勝ったボールをFW山見大登やMF石毛秀樹が拾うことで作り出していた。低い位置からパスをつないでプレスをはがし、相手ゴール前まで迫るというシーンを、ほとんど見ることはできなかった。

 試合終了間際に生まれた劇的な同点ゴールにしても、FWレアンドロ・ペレイラを試合終盤に投入し、パトリックと合わせて前線のターゲットを2枚に増やした結果、パワープレーが功を奏したものだ。