2022.02.18

2022シーズンもJ2は面白ポイント満載。平畠啓史さんが注目チームの見どころを紹介

  • 池田タツ●取材・文 text by Ikeda Tatsu
  • photo by Getty Images

Jリーグ2022開幕特集

22チームがシーズン42試合を戦うJ2は、カタールW杯開催の影響で過密日程となり、例年よりもハードな連戦となる。そのなかでどのチームがリーグを引っ張っていくのか。日本屈指のJ2ウォッチャーである平畠啓史さんに、注目チームの見どころを紹介してもらった。

◆ ◆ ◆

22チームの過酷な戦い、J2を勝ち抜けるのはどこか22チームの過酷な戦い、J2を勝ち抜けるのはどこか この記事に関連する写真を見る

【6チーム入れ替わりでリーグの色が変わるかも】

――今年のJ2はどんな感じになると思いますか?

 J1からの降格が4チーム、J3からの昇格が2チームで、6チームが入れ替わります。22分の6が変わるので、リーグの色が変わるかもしれないぐらいに思ってます。「それでもJ2の色は変わらないな」となったら、それも面白いですよね。

 単純に、試合で移動する場所も前年とは変わります。今シーズンはカタールW杯があるので、スケジュールがすごくタイトで連戦も多い。それに、プレーオフがまた始まるので、3位から6位に入ることに対する価値が復活します。リーグ終盤は、戦い方がいろいろ出てくるでしょうね。

――J1から落ちてきた4チームに対して、どう感じていらっしゃいますか。

 徳島ヴォルティスは正直言って、これだけ主力がごっそり入れ替わるとわかりません。面白いサッカーが見られるんだろうという期待はありますが、ここ数年で作ってきた徳島の骨格がかなり変わってしまう。ただ、そこを楽しみにしたい。

 J1を経験した選手たちがどう変わっていくのかですね。渡井理己選手など、J2になってまたどういうプレーを見せてくれるのか期待しちゃいますね。新加入ですと、去年相模原でプレーしていて、今回は名古屋から完全移籍した児玉駿斗選手が注目ですね。テクニックがあるので、スペイン人監督のやりたいサッカーに合うかなという気はしてます。

 あとは昨年、水戸ホーリーホックでプレーしていて、セレッソ大阪から期限付き移籍で来た藤尾翔太選手は点をとるんじゃないかと思ってます。もっともっと大きくなってほしい選手のひとり。

 ボランチは岩尾憲選手、鈴木徳真選手、藤田譲瑠チマ選手、小西雄大選手の4人の主力級がいなくなってるので、誰が出てくるのか。ファジアーノ岡山から来た白井永地選手は攻守にハードワークできる選手なので、パッと収まれば面白いですね。

 それに昨年それほど試合数は出ていないんですが、ヴィッセル神戸から来た櫻井辰徳選手。出た試合では結構インパクト残していたんで、出場機会が増えたら面白い選手になるんじゃないかと。