2021.08.18

J1真夏の大量補強は吉と出るか。上位&残留争いで最も勝負に出たのは?

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by Getty Images

 東京オリンピック開催により、延期されていた一部の試合を除いて中断していたJ1リーグが8月9日に再開。リーグ戦のクライマックスにあたる終盤戦が幕を開けた。

 目下の優勝争いは、首位を独走するディフェンディングチャンピオンの川崎フロンターレを、2位の横浜F・マリノスが勝ち点6ポイント差で追う展開。3位の鹿島アントラーズと1位の川崎との勝ち点差が21ポイントもあることを考えると、優勝争いは川崎と横浜FMに絞られたと見て間違いないだろう(J1第24節終了時点、以下同)。

14年ぶりに大分に帰ってきた梅崎司14年ぶりに大分に帰ってきた梅崎司 この記事に関連する写真を見る  そんななか、各クラブは8月13日に締め切られた夏の移籍マーケットでさまざまな動きを見せている。

 たとえば川崎は、ドイツのデュッセルドルフに新天地を求めた田中碧、イングランドのブライトンに移籍した三笘薫(今季はローン先のベルギー1部リーグのサン=ジロワーズでプレー)を失った代わりに、重慶両江(中国)からブラジル人FWマルシーニョを補強した。

 対する横浜FMも、トゥールーズ(フランス)に移籍したオナイウ阿道が抜けた穴を埋めるべく、浦和レッズからFW杉本健勇をレンタルで加え、すでにザンクトパウリ(ドイツ)から移籍してきた宮市亮とともにピンポイント補強で攻撃陣の戦力ダウンを回避している。

 逆に派手な動きを見せたのが、ACL出場権獲得を目指すチームと、残留争いの渦中にあるチームだ。そのなかでも今夏の移籍マーケットで最も大きな話題を提供してくれたのは、三浦淳寛監督率いる5位のヴィッセル神戸だろう。

 得点ランキングのトップに立っていたFW古橋亨梧がスコットランドの名門セルティックに引き抜かれたのは大きな痛手だが、代わりにニューカッスル(イングランド)との契約を解除したFW武藤嘉紀が加入し、さらにブレーメン(ドイツ)のFW大迫勇也、元バルセロナのスペイン人FWボージャン(無所属)というビッグネームの獲得を立て続けに発表。前線の駒は一層の厚みを増した格好になった。