2021.08.13

横浜FCが見事な連係プレー。好調維持で最下位からの巻き返しなるか

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

Answer
インナーラップで追い越してパスをもらい、渡邉千真へクロス

 この場面は横浜FCの高橋、高木、宮原、渡邉千真に対し、名古屋はマテウスの戻りが遅れ、稲垣祥、宮原和也、木本恭生、中谷進之介の数的同数で対応していた。

高木は松尾を内側から追い越し、縦パスを受けてクロス高木は松尾を内側から追い越し、縦パスを受けてクロス この記事に関連する写真を見る  ただ、起点となった高橋がボールを持った時点で、高橋、高木、松尾に対し、名古屋は稲垣、宮原の数的不利(CB木本は後方で余ってカバーリングのポジショニング)だった。

 そこをうまく利用して、高木がワイドな位置でフリーになった。そのため、高橋から高木にパスが出たときには、松尾のマークについていた宮原が、マークを捨てて高木に寄せざるを得なかった。

 しかし、高木は縦のスペースに走り込んだ松尾にワンタッチパス。後手に回った名古屋は、今度はCB木本がマークに釣り出された。中央の中谷は渡邉のマークで釘付けにされ、木本と中谷の間に大きなスペースが空いた。

◆J1後半戦、気になる選手は誰?中村憲剛と佐藤寿人にイチオシを聞いた>>

 そのスペースに、インナーラップですかさず走り込んだのが高木だ。ワンタッチでパスを出したあと、宮原と入れ替わるようにスピードアップした高木は、フリーの状態でペナルティーエリアに進入。追走する宮原、稲垣はついていけなかった。

 高木は、名古屋GKランゲラックが飛び出したところでプルバックのクロスを入れ、最後は渡邉のマークについた中谷に当たってオウンゴール。

 高橋、高木、松尾の3人の連係で、堅守の名古屋を崩した見事な先制点だった。

関連記事