2021.07.13

川崎フロンターレ、3週間のACL遠征終了。脇坂泰斗が「驚きました」という部屋での出来事とは?

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • photo by (C)KAWASAKI FRONTALE

川崎フロンターレACLウズベキスタン紀行@03

 川崎フロンターレとガンバ大阪はウズベキスタン、名古屋グランパスとセレッソ大阪はタイでの集中開催で行なわれたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021の東アジア地区グループステージが7月11日に閉幕。タイトなスケジュールを戦い抜いた結果、グループGの名古屋、グループIの川崎、グループJのC大阪が決勝トーナメント進出を果たした。Jリーグで圧倒的の強さを見せる川崎の選手たちが異国の地でどんな日々を送っていたのか、約3週間のウズベキスタン遠征をレポートする。

「川崎フロンターレACLウズベキスタン紀行@01」はこちら>>
「川崎フロンターレACLウズベキスタン紀行@02」はこちら>>

   ※   ※   ※   ※   ※

ハットトリックを達成したレアンドロ・ダミアンハットトリックを達成したレアンドロ・ダミアン この記事に関連する写真を見る  ウズベキスタンにて集中開催で行なわれていたACL東アジア地区グループステージで、川崎フロンターレは6連勝を飾って無敗で決勝トーナメント進出を決めた。

 7月9日に行なわれた第5節の大邱(テグ)FC戦は、レアンドロ・ダミアンのハットトリックで3−1と勝利。グループステージ突破をかけた大一番を制し、第5節まで全試合に出場してきた脇坂泰斗は安堵感をにじませた。

「昨年Jリーグのタイトルを獲って、今年もJリーグを制すると同時に、アジアの舞台でもフロンターレが引っ張っていこうという目標も掲げてシーズンをスタートしました。そこに一歩近づくことができて、まずはホッとしています」

 1−1で迎えた54分には、家長昭博が抜け出した折り返しに走り込むと左足でシュート。56分にも三笘薫の縦パスから決定機を迎えた。

「2本あった決定機を決め切れなかったのは自分の力不足。もっと上に行くためには、あそこで決めて、チームを勝たせられる選手にならなければいけないと思っています」

 脇坂はそう言って猛省したが、決勝点となった64分のゴールは彼の好プレーから生まれた。ゴール前でボールを受けた脇坂は相手に奪われそうになるも、再び追いかけるとボールを突いてレアンドロ・ダミアンへとつないだ。