2020.11.24

変則ACLを日本勢はどう戦う?横浜FMは一気に勝ち上がる可能性も

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio

 横浜FMはJリーグの連覇を逃し、不振のシーズンを送っている。アンジェ・ポステコグルー監督の超攻撃的な戦いは研究され尽くし、裏目に出た。昨シーズン、「陰のMVP」と言われたDFチアゴ・マルチンスが不振なのが大きな要因か。

 それでも、J1での68得点は首位、川崎フロンターレに次ぐ数字である。ボールを前線に運び、守備ラインを崩すプレーの破壊力は変わっていない。その攻撃力は、アジアの列強を相手にしても脅威になるだろう。

◆「横浜F・マリノスのチアリーダー8人」>>

 カタールでは第3節(11月25日)、第4節(11月28日)で上海上港と対戦する。元ブラジル代表FWフッキを擁する強豪だが、サッカーの質では互角以上に戦えるはずだ。

 キーマンに挙げたいのは水沼宏太。ブラジル人アタッカーの出場が限られていることもあり(ACLでは外国人枠は3人、アジア枠1人)、水沼のプレーセンスは大きな武器になる。ボールを呼び込めるし、得点につながるボールを送れる。右サイドでは呼吸をするように好機を作り出せる。

 直近の川崎フロンターレ戦では、10人になっても互角に渡り合っていた。地力がある証拠だろう。Jリーグの試合より、相手に研究されていない可能性もあるだけに、一気に勝ち上がれる可能性もある。

 12月19日にはアジア王者を決める決勝戦が行なわれる。

関連記事