2020.08.31

中村憲剛に最敬礼。17年前と重なる姿に、
新・鉄人伝説の始まりを見た

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

◆中村憲剛の復帰直前インタビューはこちら>>

自らゴールを決めて、復帰戦を飾った中村憲剛 勢いよくピッチに飛び出す背番号14を見て、ふいに17年前を思い出した。

 2003年3月15日、J2開幕戦。川崎フロンターレは敵地に乗り込み、サンフレッチェ広島と対戦していた。

 当時の広島は、前年にまさかのJ2降格となり、1年でのJ1復帰を使命とする昇格筆頭候補。かたや川崎は、2001年のJ2降格からすでに3シーズン目を迎えていたが、徐々に順位を上げ、J1昇格が十分狙える立場にいた。

 つまりは、シーズン開幕戦にして、いきなり昇格候補同士の対戦だったわけだ。実際、この年、広島は2位でJ1昇格。川崎は昇格こそ逃したものの、3位につけ、翌年のJ1昇格につなげている。

 結果は、2−2の引き分けだった。先制した川崎は、一度は逆転を許すも、最後の最後で追いついた。

 そんな試合で川崎から、ひとりの大卒ルーキーがJリーグデビューを果たしていた。

 試合時間残りわずかの後半42分、念願かなって晴れの舞台に立ったのは背番号26、MF中村憲剛である。

 今では川崎のレジェンドともいうべき中村も、当時は無名の新人だった。正直、この試合の主な取材目的が「1年でJ1復帰を目指す広島」だったこともあり、デビュー戦の印象はあまり残っていない。

 だが、ノーマークのルーキーが頭角を現すまでに、それほど時間はかからなかった。

 この年、その多くが途中出場だったとはいえ、J2で34試合に出場した中村は、翌2004年、背番号を14に変えて主力に定着。41試合に出場し、J2優勝とJ1昇格に大きく貢献した。