2020.08.14

交代枠5人の活用を数字で検証。
うまいチームと下手なチームはどこ?

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 さて、交代選手の得点だけを見ると、川崎、大分、FC東京などが目立つが、もちろん、選手交代の効果は直接ゴールを決めることだけにあるわけではない。

 試合の流れを変える、あるいは、膠着した試合を動かす、といったことも、交代選手の重要な役割となる。

 その点で言えば、セレッソ大阪は、交代選手のゴールが試合を決めたケースこそないものの、3人目以降の選手交代が行なわれたあとに決勝点が決まった試合と、同点に追いついた試合がそれぞれ1試合ずつある。1試合平均の交代人数は4.2人と比較的少ないが、実は目に見える数字以上に選手交代を結果につなげている。

 また、FC東京は1人目の平均交代時間が37分という極端な数字を記録しているが、これは前半のうちに度々負傷者が出ていることの影響である。

 しかし、そうした不運に見舞われながらも、これだけの勝ち点を重ねているのは、充実した戦力の裏付けがあればこそ。交代ゴール数も4と、川崎、大分に次ぐ数字を残していることからも、それはうかがえる。

 その一方で、選手交代を行ないながらも、それが勝ち点獲得につながっていないのが、ベガルタ仙台やサガン鳥栖である。

 C大阪などとは逆に、複数の選手交代を行なったあとに同点に追いつかれたり、勝ち越されたりする試合が目立ち、競った試合で選手交代が状況を好転させる材料になっていない。

 選手交代の枠が増えたことは、過密日程を乗り切るうえで、間違いなく各クラブの助けになってはいる。しかし、だからといって、どんどん選手を交代させれば、すなわち勝ち点に結びつくわけではない。

 むしろ、交代枠増はそれぞれのクラブが有する戦力の充実度を、より際立たせる結果になっているのではないだろうか。

◆過密日程におけるチーム戦略を数字で見た前編はこちら>>

関連記事