2020.06.14

チャナティップの札幌加入で
「ガリガリ君」の売り上げが伸びた背景

  • 篠 幸彦●取材・文 text by Shino Yukihiko
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

Jリーグアジア戦略の歩み 後編
>>前編を読む

 Jリーグにおける東南アジア各国の選手の活躍や、それに関わる様々なビジネスの拡大。そのきっかけとなったのは、2012年にスタートした「Jリーグアジア戦略」の活動だった。

 東南アジアとJリーグ各クラブをつないだJリーグアジア戦略は、何をやってきたのか。プロジェクトの発起人である、Jリーグパートナー事業部長・山下修作氏、立ち上げメンバーのグローバル事業統括部長・大矢丈之氏、小山恵氏の3人に、Jリーグのグローバル戦略について聞いた。

◆ ◆ ◆

チャナティップのJリーグでの活躍は、日本とタイに大きな効果をもたらした<続々と結ばれた東南アジアのクラブとのパートナーシップ>

 東南アジアへ目を向けてから1年半後、Jリーグアジア戦略室は2012年からようやく本格的にスタートを切った。

 2月には、Jリーグとタイプレミアリーグがパートナー協定を締結。JリーグがすべてのJクラブにタイリーグ視察の案内を呼びかけると、湘南ベルマーレ、ヴァンフォーレ甲府、セレッソ大阪、ヴィッセル神戸の4クラブが参加した。しかも4クラブの社長が赴き、視察後すぐにアジア進出に動き出した。