2020.04.28

なぜMVPが優勝クラブ以外から
選ばれたか。Jリーグで意外と多いその理由

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by Masakazu Watanabe/AFLO SPORT

MVPに見るJリーグの歴史(1)

 さて、いきなりだが、クイズをひとつ。

 1993年の創設以来、今年で28年目を迎えたJリーグだが、過去の年間MVP受賞者のうち、そのシーズンの優勝クラブ以外から選ばれた選手は何人いるだろうか。

 JリーグのMVPというと、1993年に行なわれた初めての授賞式(Jリーグアウォーズ)で、初代受賞者の三浦知良がド派手な赤のタキシードを身に着け、しかも、風船の中から登場する姿を思い出す人も多いだろう。

 ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)を初代王者に導いたカズがそうであったように、MVPにふさわしい条件として、選手個人として優れたパフォーマンスを発揮することはもちろんだが、所属クラブの成績も重要な要素となる。

 結果として、MVPの多くは優勝クラブから選ばれる。MVPが"シーズンの顔"であることを考えれば、当然の考え方だろう。

 だとすると、優勝クラブ以外からMVPが選ばれることは少ないのではないかと思えるが、クイズの答えは、延べ9人。過去のMVP受賞者数は、延べ人数にして全27人だから、3年に1回は、優勝クラブ以外からMVPが誕生している計算になる。

 個人的には、意外と多い、というのが率直な印象だ。

 では、なぜ優勝クラブ以外からのMVPがこれほど多く生まれているのか。その理由は、かつてJリーグが、2ステージ制を採用していたからに他ならない。