2020.04.13

「試合も練習もできないJリーグの監督」は、
いま何を思っているのか

  • 会津泰成●文・撮影 text&photo by Aizu Yasunari

永井秀樹 ヴェルディ再建への道
トップチーム監督編(13)

(12)はこちら>>

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴いリーグ戦を中断しているJリーグは4月3日、臨時実行委員会を開き、4月下旬から順次再開予定だった公式戦(4月25日/J3。5月2日/J2。5月9日/J1)を白紙に戻すことを発表した。

サッカー人として何ができるか考えて自宅で過ごしている永井秀樹監督 7日には、東京都など大都市圏を中心に新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されるなど、スポーツに限らず、今は社会全体が出口の見えない事態に不安を抱いている。

 東京ヴェルディは、東京都の小池百合子知事による、最初の外出自粛要請が出された3月27日(金)を最後に活動休止。当初は4月6日(月)に練習再開を予定していたが、その後のJリーグの再開再延長発表を受け、活動休止期間を4月19日まで延長することを決定した。

 Jリーグに限らず、プロスポーツ界全体が存続さえ危ぶまれる危機的状況に陥りかけている今、永井秀樹は現場をまとめる"監督"という立場で何を思い、過ごしているのか聞いてみた。