2020.04.01

野洲高の伝説ゴールを決めた男は今、
後輩の冷めた心に火を点けている

  • 鈴木智之●取材・文 text by Suzuki Tomoyuki
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

2020年のセクシーフットボール 野洲高校メンバーは今
瀧川 陽(2)  (1)はこちら>>

今から14年前。「セクシーフットボール」と呼ばれた、卓越したボールテクニックとコンビネーションによるサッカーで、並み居る強豪を倒して全国初制覇を成し遂げた、滋賀県の野洲高校。ファンの熱狂を呼んだあのサッカーを当時のメンバーに聞く。今回は激戦となった決勝で、見事な決勝ゴールを決めた瀧川陽だ。

◆ ◆ ◆

 2005年度の全国高校サッカー選手権大会決勝。野洲高校対鹿児島実業の一戦は、高校サッカー史に残る名勝負のひとつに数えられている。理由のひとつが、延長後半に決めたゴールだ。これは「高校サッカー史上、もっとも美しいゴール」と呼ばれ、多くのサッカーファンの脳裏に焼きついている。

第84回全国高校サッカー選手権決勝で、決勝ゴールを決めた瀧川陽(写真中央) 歴史に残るゴールを決めたのは、FW瀧川陽。スーパーサブながら、準々決勝から決勝戦までの3試合で3得点を記録したストライカーである。

 瀧川は滋賀県の大津JFCを経て、中学時代はセゾンFCに所属。チームメイトには野洲高優勝メンバーの金本竜市や平原研、楠神順平(元川崎フロンターレなど。現南葛SC)や青木孝太(元ジェフユナイテッド市原・千葉など)、一学年下に乾貴士(現エイバル)がいた。

 全国優勝に欠かすことのできないキープレイヤーの瀧川だが、中学時代は陸上に精を出していたという。