2020.02.24

イニエスタが試合終盤も美技を連発。
つきまとう「不安」をフル出場で払拭

  • 渡辺達也●文 text by Watanabe Tatsuya
  • photo by KYODO

 2020年J1開幕戦。天皇杯王者のヴィッセル神戸が、13年ぶりにJ1復帰を果たした横浜FCをホームに迎えた。

 神戸は、ゼロックススーパーカップ、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)2試合と公式戦3連勝中で好調なシーズンスタートを切っている。逆に横浜FCは、ルヴァンカップ初戦でサンフレッチェ広島に0-2と敗れており、しかもその試合内容は点差以上の完敗だった。

 試合は大方の予想どおり、神戸が主導権を握り、横浜FCがしっかりとブロックを作って対応する展開になった。お互いにチャンスを作れないまま試合は進み、均衡を破ったのは横浜FCだった。

中村俊輔(横浜FC)らの厳しいチェックに合うアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸) 前半24分、左サイドバックの志知孝明が長い距離をドリブルで進み、深い位置から折り返すと、こぼれ球を瀬古樹が流し込んで先制する。

 神戸は横浜FCのブロックを崩せず、前半20分にセルジ・サンペールの縦パスを藤本憲明がフリックして古橋亨梧がシュートを放つが、GK六反勇治に阻まれる。31分には、左サイドでアンドレス・イニエスタからのスルーパスに古橋が反応、シュートを放つが、これも六反のファインセーブに阻まれる。神戸はボールをキープしているものの、大きなチャンスを作れないまま前半を折り返した。