2020.02.24

今季もコンサドーレは面白い。
4失点敗戦でも輝いていた「らしさ」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

 J1第1節、柏レイソルがホームに北海道コンサドーレ札幌を迎えた試合は、4-2で柏が勝利を収めた。

 立ち上がりから互いが激しくボールを奪い合い、積極的に相手ゴールへ向かう試合は、いくらか大味な部分はあったにせよ、両者が90分間休まずパンチを繰り出し、なかなか見応えのある打ち合いとなった。

 スコアの推移だけを見れば、前半13分に先制点を奪った柏が、その後も順調に追加点を重ね、後半20分までに4点のリードを奪うという一方的な展開で試合は進んだ。札幌の2ゴールはその後に生まれたものであり、すでに勝負が決したあとの"焼石に水"だったようにも映る。

 しかし、スコアからだけでは、試合の本質は見えてこない。

 その証拠に、公式記録によれば、この試合のシュート数は柏の24本に対し、札幌も20本。両チームともに、驚異の20本に到達している。しかも、ただ本数を稼いでいただけではなく、札幌は柏に見劣らないだけの決定機も作り出した。

 柏の攻撃が、DFラインの背後へ抜け出すFWオルンガのスピードを生かしたシンプルなものだった一方で、札幌はピッチの幅を広く使ってボールを動かし、サイドを崩してからのクロスを中心に決定機を作っていた。優れた個人能力に頼らず、チームとして攻撃の形を作るという意味では、敗れた札幌が勝利した柏を上回っていたと言ってもいい。

「負けはしたが、試合を振り返ると、決して悪い試合ではなかったと思っている」

 試合後、札幌を率いるミハイロ・ペトロヴィッチ監督が口にした言葉も、決して強がりには聞こえなかった。