2020.02.22

浦和レッズ、開幕戦勝利も
不安になる内容。「引き分けが妥当だった」

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki


 内容的には芳しくなかったが、柏木が言うように負け試合を勝ちに持っていったところに、昨季とは異なるたくましさが感じられた。

 先週に行なわれたルヴァンカップも含め、今季の公式戦2試合で8ゴールと得点力が向上。昨季はリーグワースト4位の34得点で、これが響いて14位と低迷しただけに、ひとまずウイークポイントの解消に向けて、着実な成果を見せている。

 一方で、攻撃の連動性だけでなく、サイド攻撃への対応にもろさを見せ、あっさりと2失点した守備にも改善ポイントはある。

 期待と不安が入り混じる開幕戦。結果は前者で、内容では後者と、復権への一発回答は示せなかった。もちろん、まだ始まったばかり。結論を出すのは早計だ。浦和の未来に待つものは、果たして……。

関連記事