2020.02.20

識者5人が「J1全順位」を予想。
優勝に最も近いクラブはどこ?

  • photo by Kyodo News

上位争いに加わるカギはふたつ。
それを併せ持った横浜FMが優位

小宮良之氏(スポーツライター)

1位 横浜F・マリノス
2位 FC東京
3位 鹿島アントラーズ
4位 川崎フロンターレ
5位 セレッソ大阪
6位 ヴィッセル神戸
7位 大分トリニータ
8位 ガンバ大阪
9位 サガン鳥栖
10位 サンフレッチェ広島
11位 北海道コンサドーレ札幌
12位 柏レイソル
13位 浦和レッズ
14位 名古屋グランパス
15位 横浜FC
16位 ベガルタ仙台
17位 清水エスパルス
18位 湘南ベルマーレ


 昨シーズンは混戦模様を呈したが、今シーズンも拮抗した状況はほぼ変わらない。ひとり、ふたりの主力の移籍やケガで、戦力バランスは大きく変わるはずだ。

 たとえば昨季は、FC東京はMF久保建英(マジョルカ)のスペイン移籍の穴を、最後まで埋めること能(あた)わず、失速。一方で、横浜F・マリノスはFWエリキ、FWマテウスの補強で加速がついた。

 ヴィッセル神戸はふたりの監督を”更迭”しながら、DFトーマス・フェルマーレン、MFセルジ・サンペール、DF酒井高徳ら大物選手を次々に獲得し、天皇杯を奪い獲った。

 今シーズンも、単純な戦力差は出るだろう。主力が最後まで戦えるか。適時な補強ができるのか。東京五輪があるせいで、前半が過密日程となるなか、選手層ややりくりが勝負を左右しそうだ。