2020.02.20

FC東京・森重真人、優勝への決意。
「新しいスタイルを完成させる」

  • 佐藤 俊●取材・構成 text by Sato Shun
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

FC東京・森重真人インタビュー 後編

 FC東京は今シーズン、4-3-3のシステムを採用し、リーグ開幕に向けて調整している。4-4-2のベースを持っているからこそ、大胆なチャンレジにも挑戦できるわけだが、それはこの2年間、FC東京が育んできたものが形になった証でもある。それを踏まえて今シーズン、4-3-3をどう完成させていくのか。森重真人は、そのシステムについて、どう考えているのだろうか。

2020シーズンは新システムで戦うFC東京――昨年は優勝争いをして、チームは2位になりました。森重選手のパフォーマンスも、ベストイレブンに選出されるなど、個人としての活躍も目立ちました。好調だった要因はどういうところにあったのですか?

「手術(※2017年7月に左足首)をして数年経って、足首の痛みがなくなったことが大きいですね。あとは、いいメンタリティで、いい意味で全力というより80%ぐらいで力みすぎずにプレーできました。仲間を頼りつつ、仲間をうまく使えるようになったのも大きいかなと思います」

――80%ぐらいがいいというのは、面白いですね。

「自分が100%でやれたな、今日は結構動けたなと満足していても、実際はそれほどではなく、逆に今日はあんまり動けていなくて要所要所でやっていくと、周囲の反応がよかったんです。自分は楽をしている感覚の時もあるのですが(苦笑)。そこで自分の感覚と客観的な自分の評価に、ズレが生じていた部分があったことに気づけたのは、新しい発見でした。それでも、動けるうちはまだまだ動きたいですね」