2020.02.19

FC東京のAOLトリオは機能するのか。
R・マドリードにヒントあり

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

「なんとかホームで勝ち点3を取れたので、非常に大きな勝利だったと思っています」

 試合後にそう語ったのは、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)第2節のパース・グローリー(オーストラリア)戦で勝利を収めたFC東京の長谷川健太監督だ。

左からディエゴ・オリヴェイラ、レアンドロ、アダイウトン グループ初戦はライバルと目される韓国の蔚山現代にアウェーで勝ち点1をもぎ取り、今回はホームでグループ最弱と見られるパース相手にしっかり勝ち点3を積み上げたのだから、申し分のない結果と言える。

 とはいえ、内容的には予想以上に苦戦した試合だったことも事実。決勝点となったこの日唯一のゴールは、83分まで待つこととなった。しかも、レアンドロが決めたミドルシュートは、ブロックに入ったパースのニコラス・ダゴスティーノの足をかすめたことによって、ボールが大きく変化したことが幸いした一撃だった。

 それ以外では「ビッグチャンスもなかなか作れなかった」と長谷川監督が振り返ったように、5バックを敷いて自陣で守る相手を崩し切れず、逆に前半のなかばには相手に押し込まれる時間帯を与えてしまうなど、攻守両面において多くの課題を残すこととなった。