2020.02.19

FC東京・森重真人が考える優勝を
逃した要因。「CBにも責任がある」

  • 佐藤 俊●取材・構成 text by Sato Shun
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

FC東京・森重真人インタビュー 前編

 1月6日の沖縄キャンプから新システムを導入し、ワンランク上のチームづくりに磨きをかけているFC東京。長谷川健太監督就任後2018シーズンは6位、2019シーズンは2位と、今シーズン目指すものはリーグ戦優勝しかない。昨年、最終ラインからチームを支え、自身のパフォーマンスも好調でベストイレブンにも輝いた森重真人に、昨シーズンについてと今シーズンの挑戦について語ってもらった。

昨シーズンの振り返りと今シーズンの意気込みを語ったFC東京の森重真人――まず、昨シーズンを振り返っていただきたいのですが、序盤戦(3-5月)は、9勝3分1敗と快進撃が続きました。この好調の要因をどうとらえていましたか?

「開幕から12試合負けなしだったのですが、一昨年戦えた自信と、キャンプで自分たちの課題に取り組んでやるべきことを理解し、モチベーションとかすべてがうまく噛み合っていいスタートを切ることができました。試合では自分たちの強みを理解し、それを最大限に活かす。それでいい結果が得られるという成功体験を一昨年の経験で得ていたので、序盤戦は自信を持って戦えましたし、いい試合ができていたと思います」