2020.02.08

10年前、ランゲラックの隣には香川真司、
ベンチにクロップ監督がいた

  • 井川洋一●構成・文 text by Igawa Yoichi
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

Why JAPAN? 私が日本でプレーする理由

名古屋グランバス ミチェル・ランゲラック(2)

Jリーグは現在、じつに多くの国から、さまざまな外国籍選手がやってきてプレーするようになった。彼らはなぜ日本でのプレーを選んだのか。日本でのサッカーや、日本での生活をどう感じているのか? この連載では、彼らの本音を聞いていく。

◆ ◆ ◆

 第一部でミチェル・ランゲラックは「日本への移籍を自分で模索していたわけではない」と正直に話したが、彼と日本の接点は何度もあった。しかも、けっこう濃い。

名古屋GKランゲラックは、ドルトムントで香川真司とも一緒にプレーした photo by Getty Images 2010年から5年過ごしたドルトムントでは香川真司と同僚で、2015年から2年所属したシュツットガルトでは細貝萌と浅野拓磨と共に戦った。そしてFIFAにおける同じAFCカテゴリーの選手だからか、クラブは彼らを常に近いところに置いたそうだ。

「理由はわからないけど、ドレッシングルームで僕は彼らの隣だったんだ」とランゲラックは明るく話す。とても楽しかった過去を振り返るように。