2020.01.04

高校サッカーでベスト8進出。
「黒子のボランチ」が昌平を上位に導く

  • 鈴木智之●取材・文 text by Suzuki Tomoyuki
  • 松岡健三郎●撮影 photo by Matsuoka Kenzaburo

 全国高校サッカー選手権大会で、創部史上初のベスト8に進出した昌平高校(埼玉県)。初戦の興國(大阪府)、3回戦の國學院久我山(東京都B)戦を終え、打たれたシュートはわずか5本。東西の攻撃自慢のチームに対して、前線からのプレス、素早い攻守の切り替えで主導権を握り、2試合連続の無失点勝利で準々決勝進出を決めた。

高校サッカー選手権でベスト8に進出した、埼玉県の昌平高校 攻撃には2年生ながらキャプテンマークを巻く、超絶技巧のドリブラーMF須藤直輝。鋭い抜け出しと強烈なシュートが持ち味のFW小見洋太。J3福島加入内定のMF鎌田大夢(日本代表・鎌田大地の弟)など優れたアタッカーを擁しているが、チームの生命線となるのが、MF柴圭汰とMF小川優介のダブルボランチだ。

 初戦の興國戦では、相手のツエーゲン金沢加入内定のMF田路耀介、プロ注目の2年生MF湯谷杏吏のダブルボランチに仕事をさせず、國學院久我山戦でも豊富な運動量で攻守に存在感を発揮。技術に優れた相手を完封した。

 昌平は攻守の切り替えが特徴的なチームだ。ワントップの小見がファーストディフェンダーとなり、相手の攻撃方向を限定すると、中盤の柴と小川がフィルターとなりボールを奪い取る。そしてドリブラー須藤やMF紫藤峻ら2列目の選手が、積極的に仕掛けていく。

 ボランチの小川は守備について、「FWの(小見)洋太やサイドハーフの(鎌田)大夢くん、紫藤くんたちで相手をハメて、苦し紛れのボールを蹴らせて、ボランチのところで取り切るのは狙っています」と語り、「インターハイ(の予選決勝)で負けて、守備の連動は意識を強く持ってやってきた。それがチームの象徴だと思う」と、強豪を2試合連続でゼロに抑えた守備に対する自信をのぞかせる。