2019.08.14

東京五輪のエースFWと呼ばれた男が
J2で躍進する水戸で密かに奮闘中

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by YUTAKA/AFLO SPORT

 今季J2でJ1昇格争いの中心となるのは、柏レイソルと大宮アルディージャ。それが、今季開幕前の一般的な予想だった。事実、浮き沈みはあったものの、第27節終了現在(以下、成績はすべて同じ)、柏は首位、大宮は3位につけている。

 しかしながら、全42節のうち27節までを終えた今季J2全体を振り返れば、ここまで”主役”を務めてきたのは、間違いなく水戸ホーリーホックだ。

 水戸は今季開幕戦からの3連勝でスタートダッシュに成功にすると、実に第12節まで無敗(7勝5分け)を継続。一時は首位に立つなど、J1参入プレーオフ進出圏内(3~6位)から一度もこぼれることなく、昇格争いを続けている。

 現在の順位は、自動昇格圏内となる2位の京都サンガ(勝ち点51)と勝ち点差6の6位(勝ち点45)。近年はふた桁順位が指定席だったことを考えれば、その躍進ぶりはサプライズと評して構わないだろう。

 とはいえ、徐々に序盤戦の勢いが失われてきているのは間違いない。今季初黒星を喫した第13節以降の成績は、4勝4敗7分け。負け越してはいないものの、勝ち切れない試合が目立っている。

 加えて、第19節を最後に、それまでリーグ最少失点の堅守を支えてきたDF伊藤槙人が、横浜F・マリノスへ電撃移籍。ディフェンスの柱を失ったことも、先行き不安の材料となっている。

 この先、J1昇格争いに踏みとどまれるか否か。水戸は現在、分水嶺に差し掛かっていると言ってもいい。

 そんな水戸にあって、救世主的存在となりつつあるのが、FW小川航基である。

水戸ホーリーホックで奮闘している小川航基 22歳の小川は、U-20日本代表のエースストライカーとして、2年前のU-20ワールドカップに出場。東京五輪世代の主軸として期待されていたが、ケガも重なり、所属のジュビロ磐田では思うような出場機会を得られずにいた。

 そこで今夏、シーズン途中にして水戸への期限付き移籍を決断すると、”デビュー戦”となった第23節のFC琉球戦を皮切りに、いきなり3戦連続ゴール。加入から1カ月足らずで、頼れる得点源となっている。