2019.03.29

柏は1年でJ1復帰できるか。
鬼軍曹ネルシーニョの泥臭い戦術の中身

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • photo by AFLO

「監督から『前に前に』と言われていますし、『相手の足を止めるようなプレーより、どんどん動かしていけ』とも言われるので、難しい部分はありますけど、試合の状況を読まなければいけない側面もある。その使い分けが大事かなと思います。スタートした状況でうまくいかなければ、守備のところで人の立ち位置を変えるとか、人についていけと言われていても、受け渡せるのであれば受け渡すとか。そのあたりは柔軟性を持ってやっていかなければいけないと思います」

 今季より浦和レッズから加入し、左サイドを担う菊池大介も言う。

「(岡山戦は)いい形でボールを受けて前を向く状況が作れなかった。自分たちからハマりにいってしまったところもあって、余裕を持ってプレーできるところも簡単にはたいてしまっていた。自分がそう感じたところは周りにも伝えていきたいので、次の試合に勝つために話し合っていければと思います」

 頼もしいのは、チーム最古参の大谷と、新戦力である菊池の意見が一致しているところだ。大谷はこう言う。

「今年初めてリーグ戦で負けて、その悔しさはそれぞれが感じていると思う。去年であれば、負けることのほうが多かったですからね。だからこそ、この1敗が軽いというのではなく、その重みを感じている。負けた悔しさが大きければ大きいほど、次に向かうパワーになる」

 迎えるJ2第6節は、東京ヴェルディとのアウェーゲーム。ネルシーニョ監督のもと、リスタートした柏はまだ途上にある。混戦の様相を呈するJ2の流れに飲まれないためにも、連敗は避けなければならない。

 東京V戦では、再び3バックを試すのか、それとも4バックに戻すのか。ただ、それ以上に求められるのは選手たちの柔軟性であり、対応力である。その時、泥臭さも身につけ始めた柏はもう一段階、強固になるだろう。

 昨季味わった悔しさと、1年でのJ1返り咲きを目指すならば、ここで足踏みしている場合ではない。東京Vに勝利して初めて、この敗戦は意味あるものとなる。

関連記事