2019.03.29

柏は1年でJ1復帰できるか。
鬼軍曹ネルシーニョの泥臭い戦術の中身

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • photo by AFLO

 1年でのJ1返り咲きを目指す柏レイソルがつまずいた。J2第5節でホームにファジアーノ岡山を迎えた柏は0−1で敗れ、開幕から続いていた連勝が「4」でストップした。

 失点したのは後半37分。左CKの流れからFWイ・ヨンジェにシュートを流し込まれた。

J2に降格したレイソルの再建は名将ネルシーニョに託された 不運もあった。CBの染谷悠太が直前に相手と接触して、ピッチの外に出ていたタイミングでのCKだった。それでもキャプテンの大谷秀和は、「悠太が外に出ていた、ということはひとつあるにせよ」と、前置きして状況を振り返った。

「時には下がる勇気も必要。一度クリアした後、相手と瀬川(祐輔)が競っていた時、瀬川が勝つだろうと予測して、みんなが前に出てしまっていた。その結果、ぽっかりと真ん中が空いてしまっていた。瀬川が競り負けることも予測して準備しなければいけないと思う」

 事実、クロスボールをクリアした時点で、柏の守備陣はゆっくりとラインを押し上げた。結果、瀬川に競り勝った岡山の武田将平がヘディングしたボールは、エアポケットのようになっていた柏DF陣の裏へと落ちた。残っていたイ・ヨンジェがこれを拾うと、必然的にGKと1対1の状況ができあがってしまっていたのである。

 ただ、柏の課題はここだけではない。岡山戦は今季のリーグ戦で初めて3バックを採用し、それまでの4−2−3−1から3−4−2−1で試合に臨んだが、攻守ともに機能せず、至るところでミスが散見された。

 とくに、岡山の2トップによる果敢なプレスに手こずり、最終ラインからのビルドアップがうまく機能していなかった。これには大谷も、「後ろでボールを回していたタイミングで、相手に守備のスイッチを入れられて、苦しまぎれにボールを蹴らされている状況も多かった」と猛省する。