2019.03.29

J2最下位転落のジェフ千葉。
「オリジナル10」初のJ3降格はあるか

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Masashi Hara/Getty Images

 今年2月に2019年シーズンが開幕したJリーグは、まだJ1は第4節、J2は第5節、J3は第3節が終わったばかりだが、早くも指揮官の首をすげ替えるクラブが現れた。

 今季最初の監督解任劇の舞台となったのは、ジェフユナイテッド千葉。J2第4節終了時点で、2敗2分けの勝ち点2で21位に沈んでいた千葉は、監督就任3年目を迎えたばかりのフアン・エスナイデル前監督に見切りをつけ、江尻篤彦コーチを新監督に昇格させた。

早くも解任されたフアン・エスナイデル監督 エスナイデル前監督は、就任1年目の一昨季、無謀と紙一重の積極果敢な戦術を採用し、ちょっとした注目を集めた。

 その戦術とは、「ハイプレス・ハイライン」。DFラインをかなり高く設定し、コンパクトな布陣を保ちながら、前線から相手にプレッシャーをかける戦い方だ。

 敵陣で次々と千葉の選手が相手ボールに襲い掛かり、それに合わせてDFラインもどんどん高くなっていく。ときにピッチ上の選手全員が、ハーフウェーラインを挟んで数メートル程度の範囲に収まっているのではないかと思うほど、戦術は徹底されており、あまりに高い位置まで押し上げられるDFラインに、スタンドがどよめくこともしばしばだった。