2019.02.24

川崎Fは現在チューニング中。
開幕戦ドローで見せた「王者の面影」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio

 Jリーグ3連覇を目指し、川崎フロンターレが始動している。今シーズンは、レアンドロ・ダミアン、マギーニョ、山村和也、馬渡和彰など有力選手を積極的に補強。戦力は確実に向上した。

 では、王者は盤石なのだろうか?

「今、この時期(開幕戦)に当たっておいて、よかったですね」

 開幕戦で対戦したFC東京の選手は、そう言って胸をなで下ろしていた。

FC東京戦は不発に終わった新加入のレアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ) 2月23日の等々力陸上競技場。23113人もの観衆が、開幕戦に足を運んでいる。「これからシーズンが始まる」という期待感が会場に満ちていた。川崎とFC東京という多摩川を挟んだチーム同士の戦いというのもあるだろう。

 ただ、ピッチでは強風が吹き荒れ、プレーコンディションは理想的ではなかった。なにより、チームとしてフィットしていない面も目についた。

 王者・川崎は思った以上に鈍重な立ち上がりだった。スキルの高い選手が集まり、コンビネーションの精度も本来高いはずだが、角度や距離やタイミングのわずかなズレが影響しているのか。お互いのプレーをすりあわせているなかで、未成熟な面が強く出た。FC東京の分厚いに守りに対し、簡単にパスを引っかけられてしまった。

「(Jリーグ王者である)川崎を倒すために、キャンプから激しく、集中したトレーニングを積んできた」(FC東京・長谷川健太監督)

 FC東京はソリッドな守りを敷いていた。プレッシングとリトリートを併用。インサイドに入るパスのコースを、徹底的に遮断した。