2019.02.24

ジョー2発、トーレス不発。開幕戦
快勝の名古屋が旋風を起こす予感

  • 渡辺達也●文 text by Watanabe Tatsuya photo by KYODO

 昨シーズンのJリーグ得点王ジョーを擁し、さらに堅実な補強をした名古屋グランパス。開幕戦の相手は、ルイス・カレーラス新監督を迎え、昨シーズンの堅守速攻から攻撃的なサッカーにスタイルを変えようとしているサガン鳥栖だった。

 試合は予想どおり、名古屋が主導権を握るが、鳥栖の堅い守りを崩せない。頼みのジョーは何もできないまま、前半を折り返した。

サガン鳥栖戦で2ゴールを挙げたジョー(名古屋グランパス) 試合が動いたのは後半18分。丸山祐市の縦パスを受けたジョーが、左手で相手DFをブロックしながら反転してシュート。ボールは右ポストに当たってゴールに吸い込まれていった。さらに後半32分、新戦力ジョアン・シミッチの縦パスに、鳥栖から移籍してきた吉田豊が抜け出しクロス。再びジョーがヘッドで決めた。その後も途中交代で出場した相馬勇起、和泉竜司がゴールを決め、4-0で快勝した。

 勝敗を決めたのは両チームのエースストライカーの出来と言っていい。鳥栖のフェルナンド・トーレスは前半、2度のチャンスを決めきれず、後半10分の決定機もポストに当ててしまった。一方、前半は眠っていたかのようなジョーは最初のチャンスを決め、一気に流れを引き寄せた。

 また、名古屋の新戦力の活躍も見逃せない。とくにボランチに入ったシミッチは、2点目の起点になっただけではなく、3点目の相馬のゴールもアシストした。シミッチはエドゥアルドネットの故障で急遽、補強した選手で、二次キャンプから合流したばかり。しかし、ゲームメイク力はネットよりも上。大きな戦力になりそうだ。