2018.12.28

湘南の梅崎司は若手に訴えた。
「恐れなくていい。勇気を持とう」

  • 井川洋一●取材・文 text by Igawa Yoichi 小倉直樹●撮影 photo by Ogura Naoki

2018年、浦和レッズから湘南ベルマーレに移籍した梅崎司は、ルヴァンカップ優勝とチームのJ1残留に貢献。31歳になったいま、チームのためにできること、若い選手たちに伝えられることを考えながら、前進を続けている。前回に続き、いまの想いを聞いた。
前回の記事はこちら>>

2018シーズン、4ゴールを決めて残留に貢献。「ホッとした」と語った梅崎司
──2018シーズンは、8月31日の長崎戦で今季J1初得点。ご自身の地元、長崎の本拠地で奪ったゴールはどんな味がしましたか?

「運命めいたものを感じました。実はワールドカップ中断前に比べると、中断明けの自分のパフォーマンスが高くないと思っていたんです。(仙台とのルヴァン杯)プレーオフで2ゴール1アシストと、かなり手応えがあった中断前と比較して、中断後は納得できた試合があまりなかった。ワールドカップのフランス代表と(アントワーヌ・)グリーズマンを見たこともあって、チームの一員として規律ある動きをしなければならないなか、やっぱり攻撃でも輝きたい。そんな葛藤も抱えていました。

そこからチームが勝てなくなっていき、やっぱり自分が(ゴールを)こじ開けようと思い始めて。(23節)神戸戦で痛感して、(24節)FC東京戦でその気持ちを強くして、次の長崎戦でゴールを奪えた。しかも地元で。感慨深かったですね。改装されたので外見はもう、自分が子どもの頃に見慣れたスタジアムではないですけど、小学生の時から聖地と思っていた場所。夢に見ていた場所。そんなスタジアムでベルマーレの一員として(J1で)初めてゴールを決め、チームを勝利に導くことができた。すごくうれしかったですね」

──その後、ルヴァンカップも入れて、セレッソ大阪戦、鹿島アントラーズ戦と3試合連続得点。この頃から明らかにキレが増したような気がしていました。

「自分に与えられたタスクをこなし、いかに個を輝かせるか。その辺りが整理されたことや、ゴールを記録したことで、余裕が生まれたと思います。判断や駆け引きが、もうひとつ深いところでできるようになった。それも大きいですね」