2018.12.27

湘南の梅崎司が振り返る2018年。
「自分を変えるために移籍した」

  • 井川洋一●取材・文 text by Igawa Yoichi 小倉直樹●撮影 photo by Ogura Naoki

2018年、梅崎司は浦和レッズから湘南ベルマーレに移籍した。31歳の経験豊富なMFは、なぜJリーグトップのビッグクラブから、若手中心のクラブで戦うことを選んだのか。長いシーズンを戦い終えて、その胸中を語ってくれた。

浦和から湘南に移籍した今季、ルヴァンカップ優勝に貢献した梅崎司──シーズン、おつかれさまでした。そして残留、おめでとうございます。かなり濃い一年だったと思いますが、まずは残留を決めた瞬間の心境から聞かせてもらえますか?

「本当に、本当に、ホッとしました。レッズ時代にも残留争いをした経験はありますけど、ここまで熾烈なものではなかった。1勝、1点ですべてがひっくり返るような展開で。正直、もう経験したくないですね(笑)。それぐらいの緊張感でした」

──以前お話を伺った時、新天地での今季の目標は、J1残留、ルヴァンカップ優勝、シーズン二桁得点と言われていました。3つのうち2つを見事に成し遂げ、二桁にもあと2点と迫りました。有言実行と言っていいと思いますが、どう捉えていますか?

「得点に関しては、残り5試合で4点取れれば達成できたので、なんとしても(決めたい)、と思っていました。果たせなかった悔しさは、もちろんあります。でも、目に見える結果を追い求めてきたので、最後の2試合で連続ゴールを決められたのかな、とも思います。来季につながる終わり方というか。カップ戦の優勝、J1残留を含めて、本当に実り多き一年でした」

──印象的な得点もありました。もっとも記憶に残っているものは?

「やっぱり、最後のふたつ(33節浦和戦と34節名古屋戦のゴール)ですね。チームとしても、個人としても、本当に必要としていたものでしたから。絶対に勝たなければいけない状況で、決めることができた。しかも、それを狙ってできた。本当に価値があるものだったと思います」

──名古屋戦のPKを蹴る時、どんな心境でしたか?

「いつもヤマ(山崎凌吾)が蹴るんですけど、自分でゴールを決めてチームを残留に導くんだと強く思っていたので、『オレに任せてくれ』と言いました。前日にもPKの練習をしていたし、あのPKを取ったパスも僕からだったこともあって。ラストパスまでの一連のプレーも、空間を完全に支配できたような、完璧なものだったので、思い切り蹴りました」