2018.11.06

自動昇格はほぼ消滅。アビスパ福岡、
J1復帰へのハードルは意外と高い

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Getty Images

 鈴木が「J2優勝でJ1昇格というシーズン前の目標が達成できなくなったことには、ショックもある」と話すように、福岡に少なからず喪失感があるのは確かだろう。

 福岡は、井原監督就任1年目の2015年、リーグ戦を8連勝で締めくくった勢いそのままに、J1昇格プレーオフ(今季からJ1参入プレーオフに名称変更)を勝ち上がり、J1昇格。一昨季はJ1で最下位に終わり、1年でJ2へ逆戻りとなったが、昨季J2では4位となり、再びJ1昇格プレーオフ決勝まで駒を進めている。

 そんな近年の安定した成績から、今季開幕前には、福岡をJ1昇格の有力候補に推す声は多かった。実際、今季も一時は首位に立つなど、シーズンを通して上位争いに加わり続け、昇格候補の前評判に恥じない戦いを見せてきた。

 にもかかわらず、2節を残して早くも優勝の夢は絶たれ、自動昇格の可能性も事実上消滅。突きつけられた現実は、受け入れ難いものに違いない。ショックがあって当然だろう。

 しかし、だからといって、それを引きずってしまえば、まだ残されているチャンスもフイにしてしまいかねない。「J1昇格の可能性がなくなったわけではない。もう一回、上を向いてやるのが大事」(鈴木)だ。

 幸いにして、福岡の監督や選手たちは、現状を冷静に受け止めることができているように見える。井原監督は「可能性がある限り、(自動昇格の2位以内を)目指すが」と前置きしながらも、その可能性が極めて低いことを認め、こう語る。