2018.11.08

J1残留に光明。ジョーの献身が
グランパスを新たな勝ちパターンに導く

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • photo by Nikkan sports/AFLO

 名古屋グランパスが、J1残留のための高いハードルをひとつ越えた。

 台風の影響によって順延された第28節(11月6日)のセレッソ大阪戦で、名古屋は1-0と勝利。内容的に完敗を喫した第31節(11月3日)のヴィッセル神戸戦から中2日という厳しい状況のなか、大きな勝ち点3を手にした。

「本当に厳しい試合だった。前の試合が終わったあと、次の試合は自分たち次第、(自分たちが)走り切れば絶対に勝ち点3を取ることができると思っていました。今日は疲れているなか、チーム全体で走り切って、難しい状況を乗り越えることができて、すごく満足しています」

 FWジョーは、笑みを浮かべてそう言った。

 この勝利で、名古屋は勝ち点を37に伸ばした。順位も15位に上がり、J2降格枠(17位、18位)およびJ1参入プレーオフ出場圏内(16位)から脱出。16位のサガン鳥栖(勝ち点36)を勝ち点1上回って、自力でのJ1残留を可能にした。

 中2日のハードスケジュールで迎えたセレッソ戦は、神戸戦からスタメンを4名変更した。負けられないプレッシャーもあったのだろうが、試合開始から選手たちの動きは硬く、試合運びはスムーズではなかった。

 ジョーも、「神戸戦からあまり休む時間がなくて、チーム(の動き)は重かった」と、その辺のことは自覚してプレーしていたという。

 試合が動いたのは、後半8分だった。FW前田直輝から左サイドのDF秋山陽介に展開。秋山はそのままボールを持ち上がって、中央にクロスを入れた。ボールはセレッソのGKキム・ジンヒョンが弾くも、そのクリアボールをFW相馬勇紀がヘディングで決めた。

 相馬はこの試合がJリーグ初スタメン。Jリーグ初ゴールが貴重な決勝点になったのである。