2018.11.06

自動昇格はほぼ消滅。アビスパ福岡、
J1復帰へのハードルは意外と高い

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Getty Images

 J1昇格候補が、あとのない崖っぷちに立たされている。

 J2第40節。前節終了時点で勝ち点66の6位につけていたアビスパ福岡は、同69で3位の町田ゼルビアと敵地で対戦し、1-2の逆転負けを喫した。

 福岡がJ1自動昇格となる2位以内を確保するためには、どうしても勝ちたい、いや、勝たなければならなかった町田戦。だがしかし、試合の主導権を握ったのは町田だった。

 とくに後半に入ってからは、町田が攻勢を強め、福岡陣内で試合を進める時間が長くなった。福岡にとっては、耐える展開ばかりが続いていた。

 ところが、試合展開に反して、先制点は福岡に。後半70分、左サイドからMF輪湖直樹が送ったピンポイントクロスを、FW城後寿がヘディングでゴールに叩き込み、貴重な1点を奪った。

 圧倒的に劣勢だったチームが、ワンチャンスを生かして勝利する。サッカーという競技は、内容と結果が釣り合わない試合が少なくない。もしも福岡が得点後の10分間を無難にやり過ごし、町田の焦りを誘うことができていたら、この試合もまた、”サッカーらしい”結末に向かって進んでいったに違いない。福岡にとっては、ここが勝ち運を引き寄せる最大のチャンスだった。

 しかし、試合は瞬く間に、それまでと変わらぬ流れに引き戻された。

 74分に、MF平戸太貴のクロスをFW中島裕希が、80分に、平戸のFKをFWドリアン・バブンスキーが、いずれも頭で合わせ、町田が逆転。その後、福岡は前線の人数を増やして反撃を試みるも、これといったチャンスを作ることはできず、町田がそのまま逃げ切った。