2018.11.04

浮き沈みの激しい横浜F・マリノス。トリコロールの明日はどっちだ

  • 井川洋一●取材・文 text by Igawa Yoichi photo by Getty Images

 全公式戦を通じて4連勝のあと、引き分けを挟んで3連敗。先週のルヴァンカップ決勝で惜敗した横浜F・マリノス(以下マリノス)が、続くFC東京とのリーグ戦にも競り負けた。

 今季のマリノスが、これまでにも連勝と連敗を繰り返してきたのは事実だ。ただし、新監督のもとでドラスティックな方針転換に挑んでいるチームにとって、中盤戦までの浮き沈みはそれなりに予想できたことである。夏場はとくに苦しんで、リーグ戦で4連敗を喫した。

 しかし、9月下旬の第27節ジュビロ磐田戦から、鹿島アントラーズとのルヴァンカップ準決勝第1戦まで勝ち続けていた頃(第2戦は引き分けて決勝進出)は、勢いだけでなく、チームの完成度の高まりを感じさせた。アンジェ・ポステコグルー監督の目指す先鋭的なアタッキングサッカーを、ピッチ上の選手たちがいよいよスムーズに表現できるようになりつつある、と。

マリノスを率いるポステコグルー監督  ところがその後、ガンバ大阪に逆転負けを喫し、先週にはルヴァンカップ決勝で湘南ベルマーレに敗北。反発力が試されたこの日のFC東京戦でも、ホームでゴールを奪えずに0-1で敗れてしまった。マリノスは早々にFC東京のチャン・ヒョンスのヘディングで先制され、その後は短いパスで相手の牙城の外堀を埋めるだけの時間が長かった。