2018.08.16

「トーレスに向けて蹴る」でいいのか。
3戦無敗、鳥栖のジレンマ

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio

(フェルナンド・)トーレスは徐々に馴染んできているが、日本(サッカー)で簡単ではない状況にいる。戦術は大きく異なり、プレーの距離感も違う。そのようななかで、チームが抱えている課題を解決し、救うというのはなかなか難しい」

 川崎フロンターレ戦後、サガン鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督は語っている。昨季王者を相手に0-0で引き分け、勝ち点1。悪くない結果といえるだろう。直近の2試合はセレッソ大阪、浦和レッズに連勝しており、これで3試合無敗だ。

 しかし、トーレスの加入が大きな話題になる一方、今もチームは降格の危険水域を抜け出しておらず、プレー内容が好転したわけではない。90分間で、シュートはわずか2本。川崎に25本のシュートを浴び、引き分けは僥倖(ぎょうこう)だった。

「今日はチャンスを作れなかったが、大事なのは引き分けたこと」

 試合後、トーレスは冷静に語ったように、勝ち点を積み重ねたことがなによりの収穫だろう。

川崎フロンターレ戦にフル出場したが、シュート0に終わったフェルナンド・トーレス それにしても、トーレスの使い方はこれで正しいのだろうか?

 8月15日、等々力陸上競技場。鳥栖は川崎の本拠地に乗り込んでいる。ボールを持たれることは承知していたのだろう。

「トーレスに向けて蹴る」

 鳥栖は川崎戦で、それをひとつの戦術軸に挑んだ。バックラインでボールを回しながら、川崎のプレスを回避。サイドから角度をつけて、トーレスの頭に放り込む。それをフリックし、一気にチャンスにする戦い方だ。