2018.08.14

たとえ優勝しても昇格できない。
J2町田の現状を欧州と比べてみた

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 西村尚己/アフロスポーツ●写真 photo by AFLO SPORTS

「Realmente Emocionante」(本当にエモーショナルだった)

 ジェフユナイテッド千葉の指揮官であるフアン・エスナイデル監督は試合後の監督会見でご機嫌に語っている。

 残り15分、0-3からPK3本で3-3に追いついたのだから、その展開に興奮するのはわからないではない。

ジェフ千葉戦で2ゴールを決めた平戸太貴(町田ゼルビア) しかし、やり込められた町田ゼルビアのほうはたまったものではない。3点をリードしていた町田が3失点を喫して引き分けたのはなぜだろうか?

 その答えは、現状の一端を示していた。
 
 今シーズン、J2で首位争いをしている町田だが、現時点でJ1ライセンスを持っていない(ホームゲームを開催する町田市立陸上競技場は1万600人収容で、1万5000人以上収容するスタジアムなどの条件を満たしていない)。言い換えれば、たとえ優勝してもJ1へは昇格できない、という状況にある。

「2020年のJ1ライセンス取得を現場から後押しする」

 それがチームの基本方針となっている。つまり今シーズン、選手たちは”健闘精神”だけでピッチに立っているのだ。

 それを念頭に置くと、町田の戦いは賞賛に値する。第27節終了時点で2位。瞠目すべきはその順位だけではない。

「攻撃も守備も、形が見える。練度が高く、戦い方がデザインされている」

 その戦いは、対戦相手からも塩を送られるほどだ。