2018.08.13

柏レイソルが半年で激変。
なぜ優勝候補から降格争い目前に?

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 わずか半年で、ずいぶんと様変わりしたものだ。柏レイソルのことである。

 1月30日、今季の初戦となったACLプレーオフのムアントン・ユナイテッド戦。柏はFWクリスティアーノの2発とFW伊東純也のゴールで3−0と快勝を収めた。昨季、リーグ戦で4位と躍進を遂げた柏は、シーズンオフに他チームからレギュラー格を複数迎え入れ、2018シーズンのさらなる飛躍を予感させていた。

柏レイソルはホームで3試合連続の完封負けを喫した 成長過程にある若手が主軸をなし、3年目を迎えた下平隆宏監督のもとで、確かなスタイルが築かれてきた。的確な補強で選手層も確実に増している。そこには明るい未来が待っているはずであり、ACLとの並行戦を強いられるとはいえ、最低でも昨季の4位以上、ともすれば2011年以来の優勝さえあり得ると踏んでいた。格下とはいえ、シーズンの初陣でムアントンを圧倒したその試合を見たときに、筆者は今季の順位予想で2位の欄に、「柏レイソル」と記した。

 あれから半年と少しが過ぎ、柏はまるで別のチームになっていた。8月11日、ホームにベガルタ仙台を迎えた一戦で、柏はいいところなく0−2と完敗を喫している。

 この日の柏の先発メンバーには、ムアントン戦のスタメンがわずかに4人しかいなかった。GK中村航輔、DF中山雄太を負傷で欠き、DF中谷進之介はこの夏に名古屋グランパスに新天地を求めている。もちろん、中谷を除けばケガという理由があるにせよ、柏の希望と言うべき若き3人の不在の状況が、このチームが大きく変わってしまったと感じられた最大の理由だった。

 監督が代われば、メンバーが変わるのは当然のことでもある。5月12日、柏は成績不振を理由に下平監督を解任。加藤望ヘッドコーチを監督に昇格させた。

 ところが、加藤監督となってからも、状況は好転しているとは言いがたい。初陣となった第15節の名古屋戦こそ3−2と勝利を収めたが、ワールドカップ中断明け後の第16節のFC東京戦から4連敗。第17節の鹿島アントラーズ戦では6失点と、屈辱的な完敗を喫している。