2018.08.07

イニエスタ特需のいいとこ取り。
FC東京、ホクホクで首位・広島に迫る

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Yohei Osada/AFLO SPORT

 スタンドの記者席に座っているだけで、じっとりと湿った空気が重く体にのしかかってくる。常にうちわであおいで、顔の前の空気を撹拌(かくはん)させていなければ、息苦しささえ感じるほどだった。

 J1第20節、FC東京vsヴィッセル神戸が行なわれた味の素スタジアムは、「危険な暑さ」と称される高温に加え、多湿にも見舞われていた。風もなく、熱がこもったその空間は、とてもサッカーに適した環境とは言えなかった。

 案の定、試合はこう着状態に陥った。

 ボールを追い越して攻め上がっていくようなハツラツとした動きは、両チームともに見られない。互いに攻め合ってはいるものの、シュートチャンスを作る以前にボールを失ってしまうことが多かった。

 結局、終盤は両チームが気力を振り絞っての消耗戦。「カウンターの打ち合いになり、間延びした」(FC東京・長谷川健太監督)なかで、途中出場のFWリンスが試合終了目前の90分に値千金の決勝ゴールを決め、FC東京が1-0で勝利した。

ヴィッセル神戸との「消耗戦」を制したFC東京「みんながバテている状況のなかで、ボールを回され、時間を使われた。体力的に消耗してこういう結果になった」

 神戸の吉田孝行監督は、暑さによる消耗を敗因に挙げながらも、そうなった理由については、「前半から賢く攻撃ができなかった」。「守備も機能せず、それによって攻撃も機能しなかった」ことで消耗を招いたと自省した。