2018.07.27

J2首位堅持で「反町節」全開。
大一番で見せた松本山雅の真骨頂

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by AFLO

 大宮は、気の緩みが出たとは言わないまでも、有利な状況になったことで無理せず、安全に試合を進めたいという意識が働いたのかもしれない。「(大宮のDFが)あまりガツンとこなくなったので、(前線がひとりでも)意外とボールを収められた。前半よりもサポートの距離が近くなって、自分が孤立することなく、プレーすることができた」とは、2ゴールを決めた永井の弁だ。

 対照的に大宮の石井正忠監督は、「前半と同じようにハードワークできなかった」と後半の戦いを振り返り、「ひとり多いことでちょっとスキができた」と嘆くしかなかった。

 最後はFWロビン・シモヴィッチを中心とした大宮のパワープレーを、松本が必死にはね返し続けてタイムアップ。反町監督は、敗戦濃厚の試合をひっくり返した満足感を漂わせ、選手たちを称えた。

「(松本は)最後まで死に物狂いでやるチーム。その片鱗は見せられた」

 松本にとっては、大きな、大きな勝ち点3だった。

J2で首位に立っている松本山雅 一昨季はわずかの差でJ1自動昇格を逃し、プレーオフでもアディショナルタイムの失点に泣いた。昨季は最終節で敗れ、最後の最後でプレーオフ進出圏内からこぼれ落ちた。悲劇的な幕切れが2シーズン続いている松本は、今季ここまでの戦いも決して楽なものではなかった。