2018.07.27

J2首位堅持で「反町節」全開。
大一番で見せた松本山雅の真骨頂

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by AFLO

 前節終了時点で首位の松本山雅FCと、7位の大宮アルディージャ。順位こそ少し離れてはいるものの、勝ち点差は6と大きな差はなかった。

 そして、どちらもシーズン序盤は出遅れていたが、徐々に本来の力を発揮し始め、順位を上げてきたことでも共通する。今季開幕前には、ともにJ1昇格の有力候補と目されていた実力者同士である。

「大一番だと思っていた」

 松本のMF石原崇兆がそう語ったように、J2第25節、NACK5スタジアム大宮での両者の直接対決は、両チームにとって、今季の行方を占う重要な一戦だった。

 試合は序盤から一進一退で進んでいた。だが、膠(こう)着状態にあった試合は前半35分、突如大きく動き出す。

 大宮のMFマテウスが両足で挟み込むようにして抱え込んだボールを、松本のMF中美慶哉が強引に蹴り出そうとして、ボールと一緒にマテウスの下腹部のあたりを蹴ってしまう。これが乱暴な行為とみなされ、レッドカードによる退場処分を受けたのである。

 ひとり少なくなった松本に対し、攻勢を強めた大宮は前半アディショナルタイムの48分、MF大山啓輔がミドルシュートを決めて先制。大宮は試合の主導権をがっちりと握ったまま、1-0で前半を終えた。

 ホームの大宮が前半のうちに先制し、しかも松本はひとり少ない。注目の大一番も、意外な形であっけなく決着がついてしまうのかと思われた。