2018.07.17

トーレスだけじゃない。異色のMF
加藤恒平は、鳥栖巻き返しのキーマン

  • 栗田シメイ●文・写真 text & photo by Kurita Simei

 7月15日、サガン鳥栖に新加入した元スペイン代表FW、フェルナンド・トーレスの記者会見が都内で開かれた。そのなかでトーレスは「できるだけ早くプレーしたい」と、不振に喘ぐ鳥栖の救世主になるべく闘志を燃やしている。

 鳥栖は今季、クラブワーストの7連敗を記録するなど、J1中断前の15節終了時で17位。W杯を3度経験したスペイン人ストライカーと共に、後半戦での巻き返しのキーマンとして期待がかかるのが、今年3月にブルガリア1部リーグから鳥栖に移籍した加藤恒平だ。

 立命館大学を卒業後に町田ゼルビアで1年間プレー。その後、モンテネグロ、ポーランド、ブルガリアをわたり歩き、昨年5月には日本代表に初選出された。そんな異色のJリーガーに、移籍秘話、日本代表への思い、リーグ後半戦の展望を聞いた。

鳥栖の巻き返しのキーマンとして期待される加藤――今年3月、シーズン途中にブルガリア(PFCベロエ・スタラ・ザゴラ)から鳥栖への移籍を決めて周囲を驚かせましたね。

「昨年末に契約延長を打診されたんですが、そのときには『これ以上ブルガリアでプレーしてもステップアップできないかもしれない』と思っていました。結局、移籍先として希望していたヨーロッパ5大リーグのクラブからのオファーはなかったんですが、実はそれまでにも、アジアのクラブからは好条件のオファーをいくつかもらっていたんです。

 提示してもらった金額はかなりの額で、自分でも驚くくらいでしたけど、当初は条件がよくてもアジアに移籍するつもりはありませんでした。ブルガリアで契約を更新せず、フリーで移籍を考えているときに鳥栖からオファーをいただいた。かなり迷いましたが、その時点で約4カ月も実戦から遠ざかり、試合の感覚を忘れかけている状況だったので、単純に『もう1回サッカーをしたい』という気持ちになったんです。今は、毎日サッカーができる喜びを噛みしめています」