2018.04.29

J2京都に恐怖の「魔神」がいた。
降格圏に沈むチームを10分で救う

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by AFLO

水戸戦の後半78分に交代出場すると、試合を一変させた田中マルクス闘莉王 後半78分。そこから試合の様相は一変した。人間が両軍に分かれて戦っていた戦場に、魔神が降り立ったようだった。

 ボールをめがけて走り出すだけで、相手に戦慄が走る。あろうことか「1人プレッシング」でボールを強奪してしまう。手も足も出させない。

「いやー、強いわ」

スタンドで観戦していた敵チームのベンチ外選手たちが、そう呻(うめ)いていた。ピッチに立つ選手も、信じられないものを見た気分だったろう。災いにでも触れたような混乱が、ひしひしと伝わってきた。

 魔神は巨躯を宙に浮かせ、空中戦に競り勝つ。前線で逆流の中の杭のような存在になって味方を押し上げる。そのたびに敵は意気消沈。活気を得たチームは、痛快な逆転劇を演じたのだった――。

 4月28日、ケーズデンキスタジアム水戸。J2第11節、京都サンガは水戸ホーリーホックの本拠地に乗り込んでいる。前節まで引き分けを挟んで6試合勝ちなし。勝ち点6で最下位22位に沈み、黄信号が灯っていた。

「とにかく勝ち点を奪う!」

 敵地での水戸戦、京都は実直な戦いを選び、謙虚に挑んでいる。

 開幕からつまずいた理由は、ひとつのジレンマにあったのだろう。今シーズンは、ディフェンスラインからビルドアップし、ボールを大切にするサッカーを目指してきた。しかし技術的、戦術的に追いつかない選手が少なくなく、その綻びを狙われ、つけ込まれた。