2018.04.20

福田正博が「今からでも勝つ可能性のある
西野ジャパン23人」を選出

  • 津金壱郎●構成 text by Tsugane Ichiro
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 FWは大迫勇也と岡崎慎司を基本に、際立つ武器を持った選手として杉本健勇と浅野拓磨をメンバーに入れたい。杉本には「高さ」、浅野には「スピード」という武器があるため、試合途中から投入することで、苦しい局面を打開してくれることを期待できる。

 先発なら久保裕也という選択肢もあるが、それでも私が岡崎を推すのは、岡崎は前線から守備のスイッチを入れることができるからだ。

 また、リオ五輪世代が3人入っているこのメンバー構成なら、年齢的にもバランスが取れている。あるいは、西野監督が今後の日本サッカー界のことを考え、堂安律のような東京五輪世代の若手をW杯に連れていく可能性もある。

 先にも述べたが、短時間で組織力を高めることを考え、長らく日本代表でキャリアを重ねてきた選手を中心に、そこにフィットする選手を加える形で、あくまでも予想でメンバーを選んだ。新しい戦術やメンバーで挑むよりも、いち早くチームのまとまりを実感することが、失った自信を取り戻すことにつながるからだ。

 こうしたことは、もちろん経験豊かな西野監督も考えているだろう。選手全員がW杯に向けてひとつになり、1%でも勝つ可能性が高いチームで本番に臨んでもらいたい。そして、この4年間で希薄になってしまった日本代表への注目度を、再び高める結果を出してくれることを期待している。

関連記事