2017.12.08

福田正博が分析するW杯H組。
厳しいが、2勝1分か1勝2分は可能だ

  • 津金壱郎●構成 text by Tsugane Ichiro
  • photo by Getty Images

【福田正博 フォーメーション進化論】

 日本時間12月2日に行なわれたロシアW杯の組み合わせ抽選会で、グループHに入った日本代表は、初戦でコロンビア、第2戦でセネガル、第3戦でポーランドと戦うことになった。抽選会では日本と韓国の名前が最後まで呼ばれず、ハラハラしたファンも多かったのではないだろうか。

元イタリア代表のファビオ・カンナバーロ氏がくじを引き、日本のグループH入りが決まった 組合せが決まった直後に、長谷部誠と電話で話した際には、「ドイツとやりたかった」と口にしていた。ブンデスリーガでプレーしている長谷部の気持ちはよくわかるが、もしF組に入っていたら、ドイツ、スウェーデン、メキシコという非常にタフな相手とも戦わねばならなかった。それを考えると、抽選で最後になったので、日本にとっては”残りものには福がある”と信じたいところだ。

 もちろん、グループHが「簡単に突破できるグループ」と言っているわけではない。日本が4カ国の中で最も格下であると前置きしたうえで、決勝トーナメント進出の可能性を探っていきたい。

 グループ1位通過の本命と目されているのは、ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)を擁する世界ランキング7位のポーランドだ。彼の他にいわゆる”ビッグネーム”はいないものの、GKにヴォイチェフ・シュチェスニー(ユベントス)、DF陣にはカミル・グリク(モナコ)やSBのウカシュ・ピシュチェク(ドルトムント)、MFにはグジェゴシュ・クリホヴィアク(WBA)やヤクブ・ブワシュチコフスキ(ヴォルフスブルク)など、粒揃いだ。

 かなりの難敵だが、私はポーランド相手に勝ち点を奪うことは不可能ではないと考えている。日本はこれまで5回出場したW杯のグループリーグで、ヨーロッパ勢との対戦成績は2勝3分け1敗と相性がいいからだ。相手や開催国に違いはあるものの、この経験はチームにとって心強い。