2017.11.22

泣くな、松本山雅。J1を逃すも、
まだ反町監督と理解あるファンがいる

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Masashi Hara - JL/Getty Images for DAZN

 そして、もうひとつが失点の増加。特に"安易な"失点の増加である。京都戦での失点も「慌てる必要のないところで、相手に(クリアを)当ててしまった」と反町監督。相手FKを競り合ったボールがゴール前にこぼれ、いくらかごちゃついた展開になってはいたが、問題なくクリアできる場面だった。しかし、2度にわたってボールを大きく蹴り出すことができずに相手に渡してしまい、シュートを叩き込まれた。

 反町監督はシーズン途中、この現象を「あっさり失点病」と称して嘆いていたが、最終戦でも恐れていた病が発症してしまったわけだ。

 何でもない場面で失点してしまい、反撃に転ずるも1点が遠い。キャプテンの飯田も「(京都戦について)どんな話をしても、『今年の山雅だよね』ということになってしまう」と振り返った。

 残念ながら今季の松本には、土壇場で勝負強さを発揮するための要素がそろっていなかった、ということになるのだろう。

 松本にとっては、2年連続での"惜敗"である。

 ギリギリのところでJ1自動昇格に手が届かず、プレーオフでも試合終了間際の失点で敗れた昨季に続き、今季はプレーオフ進出を目前で逃した。「勝負強さに欠けた」と言ってしまえばそれまでだが、上位争いを続けてきた長いシーズンの締めくくりとしては、あまりに酷な結末だった。

 だが、この結果を不運な悲劇として片づけてしまえば、次にはつながらない。「いい形で有終の美を飾りたかったが、今年はそういう実力しかなかったということだろう」という反町監督の言葉は、おそらく的を射ている。