2017.10.23

コンサドーレJ1残留へ。
一芸ある選手の力で「アウェーでも勝てた」

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by Getty Images

 今季の開幕前、ダントツの降格候補と予想されていた北海道コンサドーレ札幌がJ1残留を実現しようとしている。

2試合連続で2ゴールを叩き込んだ札幌のFWジェイ 10月21日に味の素スタジアムで行なわれたFC東京戦で、札幌はFWジェイの2ゴールで2−1と勝利を挙げて2連勝。今季初のアウェーでの白星で勝ち点を34に伸ばし、降格圏となる16位のサンフレッチェ広島との差を7ポイントまで広げた。残り4試合であることを考えれば、残留に大きく前進したことは間違いない。

 立ち上がりから札幌は積極的だった。2分にエースのFW都倉賢がポスト直撃のシュートを見舞うと、5分にはキャプテンのMF宮澤裕樹が惜しいミドルを放つ。7分にも都倉がセットプレーからあわやというヘッドでゴールを襲うなど、FC東京を自陣に釘づけにした。

 今季の札幌はアウェーでめっぽう弱かった。このFC東京戦を迎えるまで、ホームでは8勝4分3敗と結果を出す一方で、アウェーでは3分11敗と散々な出来。この内弁慶ぶりが残留争いを強いられた最大の要因となっていた。

 なぜ、アウェーで勝てないのか――。それは失点を恐れる意識が強すぎ、腰が引けた戦いになってしまうことが原因だった。しかし、この日は違った。