2017.05.17

本田圭佑まで噂に出たサガン鳥栖の大補強。
新戦力はクラブを変えるか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

 開幕直後は昨年までのメンバーがベースを担っている印象だったが、試合を追うごとに新戦力の色は強まっている。

 フィッカデンティ監督は4-3-1-2だけでなく、試合展開に応じて4-4-2、5-3-2を併用。戦術的バリエーションは確実に増えている。ヴィッセル神戸戦、横浜F・マリノス戦は1-0で手堅く勝ち、5バックで試合をクローズした。そして第11節の清水戦は後半途中で4-4-2、3-4-3と布陣を変更し、どうにか追いついている。

「自分たちのボール回しが有利になるように、相手が対応してきたら、その都度こちらも人数を変えて対応している」

 清水戦後、フィッカデンティ監督は戦術的な柔軟性を評価した。

「最後は清水が引きこもるのはわかっていた。自分たちは後ろの人数を減らして前に押し込み、真ん中からではなくサイドから攻め、チャンスを作れたと思う。向こうはカウンターを狙ってきたが、ほとんどの時間、リスクを避けつつカウンターもケアできた」

 序盤こそミスが続いたが、その後は終始、優勢だった。

 もっとも、タイトルを狙うにはまだ何かが足りない。豊田が不在の中、いつものロングボール戦法は通用しなかった。前半は蹴り込むだけで、ボールロストを連発。何人かの選手はスキルの低さが如実に出た。